大手不動産会社のメリット、デメリット

賃貸物件の紹介や契約の時は、不動産会社に仲介に入ってもらいます。
不動産会社のタイプにも2つあり、全国や一部地域に店舗展開を行っている大手の不動産会社と、
地元密着で営業している小規模経営の不動産会社に分けられます。

 

大手の不動産会社はテレビCMなども大体的に行っているため知名度も高いのですが、
そこを利用するメリット、デメリットについて紹介していきます。

 

大手の不動産会社を利用するメリットの一つが、物件数が豊富にあることです。
近隣支店との連携もしていますので、範囲を広げて物件を探す時に便利です。

 

また不動産会社の立地も駅から近い、
繁華街にあるなどわかりやすい場所に店舗を置いているため、
初めて利用される方でもほとんど迷うことなくお店まで到着できます。

 

知名度も高いので安心して利用することができます。
社員教育も行き届いており接客にも好感が持てますし、
無理矢理物件の契約を急がせるようなこともほとんどありません。

 

デメリットに関しては融通が利きづらい点です。
大手の不動産会社は社内の規定が細かく決められており、
お客様の細かいニーズに対して柔軟に対応することが難しくなっています。

 

例えば家賃をもう少し下げてほしいと言う要望があったとしても、
簡単に応じることは難しいのです。

 

また物件数自体は多く持っているものの、
基本的には自社で管理している物件は少なく、
優良物件の情報が回ってくるのが遅いこともあります。

 

大手の不動産会社を利用するときは
これらのメリット、デメリットを理解した上で利用するようにしましょう。