地元密着の不動産会社のメリット、デメリット

不動産会社を探してみると地域で長年営業しており、
他の地域に店舗展開をしていないような小規模経営の不動産会社も見つかります。

 

地域密着型で営業している不動産会社を利用するときのメリット、デメリットについてみてみましょう。

 

地域密着で営業しているため、何と言っても地元の地理や情報にとても詳しいのがメリットです。
これから賃貸住宅を探している地域についてよく知らない方は、
地元のことをよく知っている不動産会社に依頼するのがおすすめです。

 

一人暮らしなら交通の便や治安、
家族で賃貸物件を探しているなら学区や幼稚園、
週辺の状況まで詳しく熟知していますので、
それぞれのケースに応じた最適な物件やエリアを紹介してくれるからです。

 

また掘り出し物の優良物件を持っている可能性が高いのも、
地域密着で営業している不動産会社の強みです。

 

賃貸マンションやアパートを経営している大家さんとのつながりが深く、
良い物件をいち早く紹介してもらえることが多いため、他社よりも優良物件の情報を得やすいからです。

 

小規模経営であるからこそ、融通もききやすく、
家賃の交渉等についても柔軟に対応してもらえます。

 

デメリットとしては、扱っている物件数が大手の不動産会社と比較して少ないこと、
そして扱っている地域が限定されてしまうことです。

 

例えば少しエリアを広げて物件を探そうと考えた時に、
そのエリアの物件を扱っていない可能性も高く、
また提携している不動産会社もないため物件探しがスムーズにすすまないことがあります。