物件数だけで判断しない

賃貸物件を契約するときは、
大家さんと直接ではなく不動産会社を通じて契約を交わすことになります。

 

賃貸物件を探しているエリアで営業している不動産会社を探すといくつも数がありますので、
どこの不動産会社に依頼するかで迷われる方も多いと思います。

 

賃貸物件を借りるのにはまとまったお金を支払いますし、
物件を仲介してくれた不動産会社にも仲介手数料を支払います。
それを考えると信頼のおける不動産会社に依頼をしたいと考えるでしょう。
そこで良い不動産屋会社を見極めるポイントについて、詳しく紹介していきます。

 

よく物件数を多く扱っている不動産会社は良い不動産会社だと思って利用される方が多いですが、
必ずしもそうだとは言い切れません。

 

不動産会社の店舗の入り口やサイトなどで
「物件数地域NO1」などと宣伝している不動産会社もあるのですが、
何を基準に地域NO1と謳っているのかが疑問です。

 

それは賃貸情報のほとんどが、そのエリアで営業している不動産会社にて共有されているからです。
特定の不動産会社でしか扱っていない物件はごくわずかであり、
どこの不動産会社を訪れても実は物件の情報数は大きな差がないのです。
 

 

賃貸物件を探している私たちにとって、物件数の豊富さは魅力的に感じるのは、
そのほうがより良い賃貸物件を借りやすいからです。

 

しかし物件数が多くても既にその物件が契約済になっている場合もありますので、
物件数の多さだけで不動産会社を判断してしまうのは実は危険なのです。

仲介手数料の割引にだまされない

賃貸物件を契約するときに、敷金、礼金、不動産屋さんへの仲介手数料などもろもろ
家賃の半年分くらいの費用が契約時に必要になります。

 

賃貸物件の数と人口のバランスが崩れつつあり、
空き室が続いている賃貸物件が増えていることから、
賃料や敷金、仲介手数料の金額を下げて賃貸に出している物件も見られるようになりました。

 

契約時の初期費用を安くできるのは大変ありがたいのですが、
仲介手数料無料にこだわりすぎてしまうと、良い物件を探すのが難しくなります。

 

不動産検索サイトにて物件を絞り込み検索するときに、
仲介手数料無料や半額という条件で絞り込み検索ができるのですが、
そういった物件を扱っている不動産会社を絞り込んでしまう方がいらっしゃいます。

 

仲介手数料がかからない、もしくは少なくなるとういことは、
物件を紹介してくれる不動産会社の利益が少なくなることになります。

 

仲介手数料が無料、半額になる仕組みは大家さんから広告料として経費が出ているため、
不動産会社が仲介手数料を無料にできるのです。

 

しかしながら仲介手数料が安くなっている物件というのは、
なかなか借り手がつかない不人気物件であることが多く、
見学をしてみるとがっかりするような物件が少なくありません。

 

探してみると仲介手数料が割引されていない物件のほうが、
物件数も豊富で優良物件がみつかりやすいのです。

 

仲介手数料を安くすることだけにこだわりすぎてしまうと良い賃貸物件を逃すことにもなりますので、
それだけで不動産屋会社を決める、物件を選ばないように注意しましょう。

 

 

更新履歴